出版物・DVDの紹介

  • ご注文確認後、確認メールお送りいたします。メールに記載されている⼝座へ代⾦をお振込み下さい。お振込み確認後、商品を発送いたします。

  • 送料は 5000円未満 360円 / 5000円以上 無料 とさせていただきます。

  • 万が⼀、商品に不備がございましたら、お手数をおかけ致しますが、商品到着から30⽇以内に弊社にご連絡の上、着払いでご返送ください、代替品をお送りいたします。

書籍.png

特定保健指導・メタボリックシンドローム予防教室に

1巻あたり 19,950円 /

4巻セット 79,800円(税込み/送料別)

 対象者に知っておいて欲しいメタボリックシンドロームの仕組みやリスク、そして保健師、管理栄養士が知っておきたい面接の進め方、健康行動継続のコツなどについて紹介しています。

DVD1 メタボと生活習慣病

 1. メタボリックシンドロームを知っていますか?

 2. メタボを正しく知る

 3. メタボの診断基準を知る

 4. 生活習慣病を知る5. メタボ改善に向けて

DVD2 メタボの原因を考える

 1. 生活習慣に潜むメタボの原因

 2. メタボの原因1−食生活

 3. メタボの原因2ー運動不足

DVD3 メタボの改善策を探る

 1. メタボは改善できる

 2. 目標設定

 3. 行動計画

DVD4 メタボ対策「続けるコツ」

 1. 続けるコツを探る

 2. 続けるコツ1 視覚タイプ

 3. 続けるコツ2 聴覚タイプ

 4. 続けるコツ3 体感覚タイプ

 5. コーチをつける

指導者である前に支援者であれ ~ 自己決定権を尊重する援助

村田 陽子 著

2,500円(税込み/送料別)

 1991年に発刊された本書の改定第1版が完成しました。

「あなたは他人(ひと)に変えられたいですか?」住民や社員・患者に、健康のための行動変容を求めるのではなく、話を十分聴き、寄り添った上でご本人が欲しい情報を伝え、自己決定を援助する。「あなたと話せて良かった」「あなたと話していたら、自分のやることがわかったし、やれるような気がしてきたよ」・・・そんな風に言っていただける健康相談をしたいと思いませんか?保健師を目指すあなた、そして保健師って何をする人・・・?と模索しているあなたぜひ手にとって見てください。もちろん、看護師、栄養士の方にも役立つ内容です。

◆ お客様の声

 私にとって「保健師のバイブル」です。困ったり迷うとこの本を開いています。基本のキ、セミナーの振り返りに使っています。保健師学校を卒業してからもずっと傍らに置いて、時々開いています。私の仕事のベースになる考え方がぎっしり、おまもりのような本です。

在庫なし

自己決定を援助する健康相談 ~相談の実例と解説~

村田 陽子 著

3,000円(税込み/送料別)

 「自己決定を援助する健康相談セミナー」において、受講生を相手に村田陽子が行った実際の健康相談と相談スキルを解説したものです。「行動変容」と 「自己決定」を目指す健康相談の違いから、短時間での健康相談、健康問題のない人への健康相談など10例以上の健康相談と共に、相談スキルのノウハウが丁 寧に紹介されています。「指導者である前に支援者であれ」の実践版です。

◆ お客様の声

「自己決定を援助する健康相談」は、自己決定を促す会話の流れが、はっきりとわかり 実際の会話の中で学ぶことができる点で大変すばらしい参考書だと思います。実際の相談で参考にさせていただいております。

SCN_0007.jpg
在庫なし

ライオンのひなたぼっこ ~こころとからだのレッスン~

百武 正嗣 著

3,000円(税込み/送料別)

あなたのからだは理性を超え、想像以上に多くのことを知っています。からだに意識を向け、からだに聞くとき、私たちはいままでと違う、何かに気づきます。からだに聞く、気づくということはどういうことなのか、どのように行えば気づけるのか、また、コーディネーターとし てどのようにサポートすれば気づきを助けることができるのか、具体的に記述しています。

この本は村田陽子氏の「自己決定を援助する健康相談」の上級セミナーとして、百武正嗣氏と共に行われたワークショップをもとに書かれています。グループのメンバーの気づき、変化していく心理的プロセスを読む事は、まるで、物語を読んでいるかのように引き込まれていきます。自分のからだやこころに興味のある方は是非ご一読ください。

◆ お客様の声


 素晴らしく素敵な本をありがとう!!登場した人達の体験を味わいながら、うるうるして読みました。
こんなに素敵な本を作ってくれてありがとう!!多くの人にこうゆうことを知って欲しいと思いました。
人として五感の声に耳を傾けることはとても大切なことと思います。また、それができたら生きていきやすいし、小さなことでもとってもハッピーになれるんじゃないかなぁ、とも思います。